Free PDF

Microsoft Office2013を格安価格・最安値で購入

Microsoft Office2013概要

 2013年2月27日に発売された、Microsoft Office 2013の対応OSはWindows7とWindows8です。Microsoft Office2013は、Office Personal 2013 / Office Home & Business 2013 / Office Professional 2013の3グレードがあり、それぞれに含まれているアプリケーションソフトが異なります。
Microsoft Office2013は、Windows8との相性がよく一世代前のCPU(Core2 Duo)でも、サクサク動き快適です。又、Microsoft Office 2010以降のMicrosoft Officeとも共存可能なため、VBAのマクロなどを使っていて互換性が心配でも安心してインストールすることができます。
 Microsoft Office2003の延長サポートが2014年4月8日に切れたため、今までMicrosoft Office2003を使い続けてきたユーザはMicrosoft Office2013への乗り換えが進むことも考えられます。
  
Microsoft Office2013 トピック情報
  • 2015年 2月16日 Microsoft社は、2015年の秋に正式リリースが予定されているオフィス統合環境「Microsoft Office」の次期バージョンOffice 2016のデスクトップ向けプレビューを公開した。同社のWebサイトから英語版を無償ダウンロードできる。
  • 2015年 2月16日 Microsoft社は、Windowsデスクトップ向けに提供されている無償版「OneNote 2013」の機能制限をほぼ撤廃したことを、公式ブログ“Office Blogs”で明らかにした。
  • 2014年10月30日 Microsoft社のマーケティング担当ゼネラルマネージャー Julia White氏は、バルセロナで開催されたTechEdで次期Officeとなる「Office 16」を2015年後半にリリースすることとを発表した。
  • 2014年 3月20日 Microsoft社は、Microsoft Office 2013およびOffice 365を完全に削除するためのMicrosoft Fix itツール「O15CTRRemove.diagcab」を公開した。Microsoft Office2013は、Windowsのコントロールパネルからアンインストールできるが、まれにアンインストールに失敗して再アンインストールしてもエラーで完了しないことがある。そんな時は、O15CTRRemove.diagcabで完全にアンインストールすることができる。O15CTRRemove.diagcabは、Microsoft社のサポートページから無償でダウンロードできる。
  • 2014年 2月25日 Microsoft社は、Microsoft Office2013 ServicePack1を公開した。Microsoft Office2013 ServicePack1には、これまでリリースされたすべてのMicrosoft Office 2013向け更新プログラムにと、セキュリティ・パフォーマンス・安定性の向上を目的とした修正が含まれている。また、「Windows 8.1」や「Internet Explorer 11」との互換性の向上した。

Microsoft Office2013 Professional OEM (DSP) 版

 Microsoft Microsoft Office 2013は、一般的に店頭で売られているものよりも安い価格設定のOEM (DSP) 版があります。Microsoft Office2013 OEM (DSP) 版は、パソコンメーカがパソコンにインストール又は付属品として添付して販売する場合が多いのですが、パソコンショップでマザーボードやメモリーと一緒に売られていることもあります。Microsoft Office2013 OEM (DSP) 版は、ハードウェアと一緒に販売するのが条件のようで、Microsoft Office 2013の通常版より安いOEM (DSP) 版が欲しい人のために、形式上中古メモリなどと一緒に販売しているショップもあります。しかし、楽天市場などのインターネット販売ではない場合もあります。
※DSPとはDelivery Service Partner(提携企業やPCショップなど)の略で、DSP 版製品も OEM 製品です。


Yahoo!ショッピング
AngelHouse
  
Yahoo!ショッピング
AngelHouse
 
Yahoo!ショッピング
Shopping Japan
Microsoft Office
Professioonal 2013
日本語版
ダウンロード版
プロダクトキー付き
Microsoft Office
Professioonal 2013
日本語版
新品未開封DVD
プロダクトキー付き
Microsoft Office
Professioonal 2013
日本語版
パッケージ版
プロダクトキー付き
5,280円(税込)\17,780円(税込)\3,950円(税込)

 実際に購入したMicrosoft Office2013 Professional OEM版は、白い紙のDVDケースにラベルが貼られただけの簡易包装でした。開封すると左側にDVDが収納され、右側に認証に必要な25桁のプロダクトキーが印刷されたラベルがあります。DVDケースの表紙のラベルには「Made in Singapore」の表示がありますが、内側のラベルには日本語の案内文が書かれており明らかに日本語版です。 DVDからMicrosoft Office2013 Professionalをインストールした後に、アプリケーションのどれか一つを立ち上げてプロダクトキーを入力すると、認証が完了します。

Microsoft Office2013 Home and Student

 Microsoft Office 2013(通常版)で、格安で買えるのがMicrosoft Office2013 Home and Studentになります。Microsoft Office2013 Home and Studentは、Microsoft Word/Excel/PowerPoint/One Noteのセットですが、日本のマイクロソフトの商品ラインナップにはないバージョンです。海外からの並行輸入品で外国語のパッケージですが、日本語版Microsoft officeとして利用することができます。
Office Home and Student 2013 English version 英語版

Office Home and Student 2013 English version 英語版
価格:20,790円(税込、送料別)

Microsoft Office2013をヤフオク!で探す

 Microsoft Office2013が、楽天オークションで出品されることもあるので、こまめに探してみましょう。出品されているMicrosoft Office2013は、様々な形態のものがあり、購入時に詳細を確認するものをお勧めします。
 特に、企業向けのボリュームライセンスをばら売りしているものには注意が必要です。ボリュームライセンスをばら売りしている出品は、ダウンロード版といった形で紹介されていることが多く、落札するとプロダクトキーのみメールで送られてきます。初回は問題なく認証されるのですが、再インストールでは再認証されません。
 不要になったライセンスや、適正な値段で落札されるのを見込んで新品を出品しているものを落札するとよいと思います。

探し物はオークションでお得にGETしよう
検索キーワード
商品名、商品番号で探す
全ての商品情報で探す
価格 円~
絞込み条件
1円スタート 1円スタート
即落設定あり 即落あり
 匿名配送対応
 送料無料  メール便対応  クローズドを除く




 
PDF講座
機能別PDFソフト
PDFフリーソフト
格安ソフト情報



デル株式会社

人目の訪問者
ホーム | お問合せ | 免責事項
Copyright © Phoenix All Rights Reserved.
inserted by FC2 system