Free PDF

PDFへの変換オプションが充実しているPrimoPDF

 PrimoPDFは、エクセルソフト株式会社が提供しているPDFを作成するフリーソフトです。PrimoPDFで作ったPDFには、文書プロパティーやパスワードの設定できます。PrimoPDFは、用途に適したPDFへ変換できるうに、スクリーン・印刷・ebook・プリプレス・カスタムの5つの設定から選べるのが特徴です。PrimoPDFはフリーソフトですが操作マニュアルが完備されており、エクセルソフトのホームページからダウンロードできます。
 PrimoPDFV5.0が最新バージョンですが英語版のみで、日本語版のリリース時期は未定です。日本語版の最新バージョンは、PrimoPDFV4.1ですが、Windows7では不具合が起こることがあるようです。

【主な機能】
【使い方】
 Micorosoft EXCELやWordで原稿を作ります。印刷機能のあるアプリケーションであれば、Micorosoft EXCELやWORD以外の表計算やワードプロセッサー・CADからもPDF化が可能です。原稿ができたら、原稿を作ったアプリケーションソフトから印刷の操作をします。プリンタの選択画面が出てきたらPrimoPDFの名前が付いたプリンタを選んで印刷します。PrimoPDFのダイアログボックスが現れるので、必要に応じてPFDの品質や文書プロパティーPDFのパスワードを設定します。最後にPDFのファイル名を入力してPDFの作成ボタンを押します。
 PDFの保存先には、編集中のファイル名が自動的に入りますが日本語だと文字化けます。原稿のファイル名はアルファベットにすることをお勧めします。スクリーン・印刷・ebook・プリプレス・カスタムからPDFの品質を選べますが、特に変換するPDFにこだわりのない人は、PDFの作成ボタンを押せばPDFが作られます。
PrimopdfPDF
 文章プロパティーのタブでは、タイトル、作成者、サブタイトル、キーワードを設定できます。
PrimoPDF プロパティー
 パスワードは、PDFを回覧するのに必要なマスターパスワードと印刷やテキスト・画像のコピーを禁止するマスターパスワードを設定できます。
PrimoPDF セキュリティー
 変換するPDFのバージョンを指定できます。
PrimoPDF プロパティー
 変換するPDFに画像が含まれる場合、その画像の解像度を設定できます。画像の解像度が高いときれいな画像でPDF化されますが、作成されるPDFのサイズが大きくなります。
PrimoPDF プロパティー

カテゴリ:フリーソフト
公開元:エクセルソフト株式会社
公式URL:http://www.xlsoft.com/jp/index.html
ダウンロードURL:http://www.xlsoft.com/jp/products/primopdf/index.html
対応OS:Windows 2000/XP/Vista
   ※Windows7以降は、PrimoPDF V5(英語版)のみ対応
ソフトウエアバージョン:V4.1

 
PDF講座
機能別PDFソフト
PDFフリーソフト
PDF 市販・シェアソフト
格安ソフト情報
PR




人目の訪問者
ホーム | お問合せ
Copyright © Phoenix All Rights Reserved.
inserted by FC2 system