CubePDF PDFとJPEG/BMP/TIFFへ変換できるフリーソフト

 CubePDFはCubeSoft社が提供するPDFと7つの画像形式ファイルを作成するするフリーソフトです。CubePDFは、パスワード付PDFと日本語フォントを埋め込んだPDFを作ることができます。又、PDFへ変換前の文章にURLが含まれる場合は、URLをリンク付きで変換してくれます。CubePDFで変換後したPDFのURLをクリックすると、ブラウザーが立ち上がりクリックしたアドレスのホームページへアクセス可能です。
CubePDFは、読者が投票して決める2010年 窓の杜大賞で銀賞を受賞した人気の定番フリーソフトです。

【主な機能】
【使い方】
Microsoft EXCELやWORDで原稿を作ります。印刷機能のあるアプリケーションであれば、Microsoft EXCELやWORD以外の表計算やワードプロセッサー・CADからもPDF化が可能です。原稿ができたら、原稿を作ったアプリケーションソフトから印刷の操作をします。プリンタの選択画面が出てきたらCubePDFの名前が付いたプリンタを選んで印刷します。CubePDFのダイアログボックスが現れたら、PDFまたは、画像形式ファイルを選択します。画像形式がPNT・JPEG・BMP・TIFFの場合は、解像度を設定できます。最後にファイル名を入力して変換のボタンを押します。
 PDFへ変換する場合は、既存のPDFを指定すると、上書き・先頭に結合・末尾に結合の処理を選択できます。
CubePDF 一般
 文章プロパティーでは、タイトル・作成者・サブタイトル・キーワードを入力できます。
CubePDF プロパティー
 必要に応じて、パスワードを設定します。PDFを開くのに必要なパスワードや、印刷やPDF内のテキストや画像ファイルコピーを禁止する設定ができます。
CubePDF セキュリティー
 詳細設定の画面では、変換したPDF内のJPGを圧縮する・しないの選択ができます。JPGを圧縮したほうが、PDFの容量が小さくなります。
CubePDF 詳細設定
【感想】
 PDFや画像ファイルへ変化する際に現れるCubePDFのダイアログボックスは、とてもわかりやすくてとても操作しやすく感じました。初めての人でも迷うことなく変換ができると思います。動作も軽快でなかなかよくできたソフトだと思います。
 CubePDF 0.9.1β版では、すでに同名のPDFがある場合、出力先にそのPDFを指定すると上書きのほかにPDFへ変換したページをPDFの先頭または末尾に追加できます。CubePDFv1.0.0 RC1(リリース候補版)では、変換したPDF内のJPGを圧縮するオプションを選べます。CubePDFv1.0.0 RC3では、出力するPDF 名が日本語・英語以外でも使えるように改良されるなど確実に進化しています。

カテゴリ:フリーソフト
公開元:CubeSoft
公式URL:http://www.cube-soft.jp/
ダウンロードURL:http://www.cube-soft.jp/cubepdf/
対応OS:Windows XP/VISTA/7/8/8.1/10
公開日:2017年7月20日
ソフトウエアバージョン:1.0.0RC10

【関連記事】
PDF講座
機能別PDFソフト
PDFフリーソフト
PDF 市販・シェアソフト
格安ソフト情報
PR





inserted by FC2 system